2019年5月19日日曜日

スタジオ


先週は、絵を描くための卓上イーゼルを注文し、でもやはり手狭だったりして、
気持ちも切り替えて制作したいのもあり、近場で絵が描けるスタジオないかなあ、
と探している。

例年だいたいこのパターンで、秋頃に発表を控え、この時期に集中的に完成に向けるという。7〜8月からはプロジェクトで国内外あちこち動き回るので、東京での制作は7月までの短期なので、なかなかいい条件でのスタジオ探しも難しい。

今は秋に出版される本のための絵を描いていて、とても大事な仕事なのである。
そしてもちろん、とてもとても面白い仕事なのである。

めちゃくちゃ大きいサイズを描くわけでもなく、狭くてもいいので、
不精な私が通いやすいところ、ご存知の方はお知らせ願います。

2019年5月12日日曜日

今日もピンクレディー



さて。
夏のマレーシアの森でのプロジェクトや、秋以降に歌って踊る(?)プロジェクトが控えており、あまりにも体力がなさ過ぎる私はとうとう、ジムに通い始めました。
先週は2回行ってヨガとかピラティスとか。1日置いてから、身体中が痛くて痛くて、
おまけに風邪ひいた(急な筋トレと風邪の誘因については、いろいろあるみたいです)。

あーあ。
少しよくなってからの、ピンクレディー。

尾道の星劇団のプロジェクトのことを考えていて、出来ることから動き始めているのだけれど、その合間に、自家製ザワークラウト 作り始めたらハマってしまって。
年明けからはぬか漬けにハマっているし。
定番のお茄子やきゅうりから、アボカドや卵まで、見えない乳酸菌。
けなげな乳酸菌がせっせと働いているのが見えるような気がする(のをお世話している)。

今はせっせと絵を描く仕事があるのですが、なんとなく描きづらい環境を直そうと
今日卓上イーゼルを注文。

あ、youtubeのピンクレディーが百恵ちゃんになった。
やっぱりかっこいいなあ、プレイバックPart2。

2019年5月2日木曜日

令和二日目



さて、令和になってしまった連休です。
今は仕事の制作関係で、すごく面白い本を読んでいるので、夜もその夢にうなされたりしています。

私の普段の生活は早寝早起きで、どこのアーティスト・イン・レジデンスの滞在先でもほぼ、修道女のような生活をしています。
が、昨夜は令和初日だったからか、なぜか夜にだらだらとYoutubeで昭和の歌謡を見てしまいました。そこでハマってしまったのが、ピンクレディーなんです。
ピンクレディーも、ピンクレディーの振り付けも、阿久悠も、ほんとすごいわ。
再結成したものは、踊りなんかも昔の破天荒な感じがなくなって綺麗になり、声も低くなっていたので、なんとなく昔バンコクで観たニューハーフショーを想起させましたが、私はピンクレディーで育ったので、そんな再結成もまた乙なものと思います。

さて、そこで、歌と踊りについていろいろ考えたんです。
いつの間にか画面のピンクレディーの歌と踊りに合わせて、リズムを取り、深夜に
口ずさむ私。人々にとっての歌や踊り、この高揚感てなんだろう、と。

ここで、パズルがピタリとはまった気がしました。
星劇団の女性たちが、戦後のあんなに大変な時代に、歌や踊りを求めた理由。
インドネシアのジョグジャカルタで出会った87歳のリカルドさんが、日本人の私に、過去の歴史を口にする前に、日本や外国の美しい歌や詩を唄ってくれたこと。
それらのほんの一部分が、身体を通じて理解できたような気がしました。

今年もまた、新たにプロジェクトは進んでいきそうです。



尾道新聞エイプリルフール号2019版


久しぶりの更新です。令和になってしまいましたが、まだ平成の頃のお話です。

今年の4月1日の発行(今年は印刷を、日本から見た地球の裏側のトゥトゥイラ島の
パゴパゴ第二印刷所に依頼したため、時差の関係で尾道の各地に配達されるのは
4月2日になってしまいました。)になりました。

エイプリルフール毎にこの特別号を制作するようになってから、もう5回目。
いつものスペシャル制作チームも進化して、アイデアの幅も広がりつつありましたが、
昨年の山陽日日新聞の廃止と尾道新聞のスタートで、歴史の切り替わりということも
あり、今年はどうしようかと今までで一番頭を悩ませた部分もあります。

ずっとこのシリーズでテーマにしているエイプリルフールならではの笑い、とか、
生きやすさ、とか、今回も裏にメッセージを入念に込めながら(←きっと誰にも気づかれない、、、)今年もみんなで頑張って完成させました。
どうか、尾道に住む隅々の方にまで届きますようにと祈りを込めて。

来年は、エイプリルフール号に載っている事柄を実現した展覧会とかもやりたいな。

写真は小野さんちに届いた新聞より。


                  

2019年3月23日土曜日

Open studio in Langgeng art foundation



親愛なるあなたへ

ジョグジャカルタの美しい朝に出会った友人
その友が連れていってくれた、白い家に住む友
彼が唄ってくれた愛の歌、そして君が代
突然、景色がワープする
しるしのように、 
部屋に舞い込む蝶
猫のひそやかな足どり
それらすべてがループし、繋がり、回転を始める。

わたしたちは、この回転する世界のなかで
まだ会っていない 
そしてよく知っている
かけがえのないあなた と出会う

_______________
Kami mengundang Anda untuk datang dan berinteraksi dengan dua seniman yang sedang singgah di tempat kami:
Artist in Residency Open Studio
Mika Funaki & Naho Yokoya
Gallery 2 Langgeng Art Foundation
23 - 26 Maret 2019
Pkl 11- 17 WIB
(Hari Minggu Pkl 12-16 WIB)
For everything dear to me 
Saya bertemu seorang teman di pagi yang indah di Yogyakarta,
Teman ini membawa saya ke teman lain yang tinggal di rumah yang gelap.
Dia menyanyikan lagu alove ... dan KIMIGAYO, Lagu Kebangsaan Jepang.
Tiba-tiba lanskap di sekitar saya mulai teleport.
Seolah itu indikasi,
Kupu-kupu terbang ke dalam ruangan,
dan seekor kucing mendekatiku dengan langkah diam-diam.
Semuanya membentuk satu lingkaran, terhubung satu sama lain dan mulai memutar.
Di dunia yang berputar ini,
Saya bertemu "Anda" yang tak tergantikan
yang belum saya lihat,
tetapi sebenarnya, yang sudah saya kenal dengan baik.
----
We invite you to come and interact with two artists who are currently residency at our place:
Artist in Residency Open Studio
Mika Funaki & Naho Yokoya
Gallery 2 Langgeng Art Foundation
23-26 March 2019
11-17 WIB
(Sunday 12-16 WIB)
For everything dear to me
I met a friend in a beautiful early morning in Yogyakarta,
This friend took me to another friend who lives in a white house.
He sang a love song...and KIMIGAYO, Japan’s National Anthem.
Suddenly the landscape around me starts to teleport.
As if it were indications,
Butterflies fly into the room, 
and a cat approaches me with the stealthy footsteps.
All of them form a loop, connect with one another and begin to rotate.
In this rotating world,
I meet irreplaceable ”you”
whom I haven’t seen yet,
but in truth, whom I already know very well.
Naho Yokoya is an artist from Japan who uses historical and archaeological themes in her work.
Mika Funaki is an artist from Japan who explores themes about images and memories
Langgeng Artist in Residency 2019 Program is a collaborative work between Langgeng Art Foundation and Artist Support Project

2019年3月17日日曜日

ジョグジャカルタに来ています。


今月13日から、4月5日まで、ジョグジャカルタのラングン・アートファウンデーションにて滞在制作をしています。
短い日程なのでなかなか忙しく、近所の長老に話を聞きに行ったりしています。

展示とリサーチ、ワークショップがあるので、また状況報告いたします!



(フェイスブックをしている方は、こちらを参考になさってくださいね。)

https://www.facebook.com/yokoya.naho/posts/10216415151945170?notif_id=1552558207093550&notif_t=feedback_reaction_generic

https://www.facebook.com/laf.yogyakarta/posts/2139753209425522

2019年3月7日木曜日

韓国リサーチの旅



滋賀での講演が終わって、今は尾道。
講演の話の中でも触れたのですが、つい先日、韓国の南の方に行きました。米原の杉沢地区で出会った甕と甕の口を合わせた合わせ口甕棺がとても魅力的で、韓国にも甕棺にもいるという噂を聞き、ずっと会いたくて行ってきたのです。韓国の甕棺はごっつくて強そうでした。でも修復室に鎮座してた甕棺たちは、包帯を巻いててちょっと可愛かった。
他には、今も人が住んでいる民俗村を訪ねたり。伝統食の美味しさと、現地の人たちの優しさにたっぷり触れた旅でした。最終日に訪れた国立現代美術館ソウル館の展示もよかったし。(一応現代美術にも触れています。)





















         












2019年2月26日火曜日

設営終わり、明日からオープン



「春休みの遺跡」米原市杉沢遺跡の [考古×美術] プロジェクト #3
 
設営が終わり、明日26日から展覧会がオープンします。
伊吹山の麓、杉沢を舞台に、時間とは何か、美とは何か、生きるとは何か、
土地に暮らすとは何か、歴史とは?考古学とは?美術とは?・・・

さまざまな問いが浮かぶ展示になったと思います。
それぞれ異なる立場のプロジェクトチームが挑んだ試み。
今回もまた、エキサイティングな体験でした。

会場:伊吹山文化資料館2階企画展示室 2019年2/26〜3/31
3/3には関連イベント、現地見学会などもあります(詳細はフライヤーにて)。
よいところです。是非見に来てください。














2019年2月11日月曜日

春休みの遺跡 - 米原市杉沢遺跡の[考古×美術]プロジェクト# 3



2017年に続く2度目の展覧会企画。昨年の夏には立命館大学の発掘隊宿舎で一緒に生活をして、美術の分野の私に何ができるのか、こつこつ探る日々を送りました。

今回の展示では、考古学者の矢野先生、企画をまとめる松尾惠さん、会場全体のデザインを手がけるUmmmの北原さんと藤井さん(もちろんこのフライヤーも!)、頼り甲斐のある立命館のゼミ生のみんな、そこに伊吹山文化資料館の高橋順之さんやプロジェクトに関わってくださった杉沢のみなさんも加わって、壮大なポリフォニーが伊吹の里に響き渡る(・・かもしれない!)

2019年2月26日から3月31日まで。3月3日にはシンポジウムもあります。詳細はフライヤーにて。とってもよいところです、是非いらしてくださいね。





2019年2月9日土曜日

横谷宗珉のはなし。


またまたルーツの話なんですけどね。

最近落語にハマっておりまして、月1の頻度で何処かしらに聞きに行っています。
時間が許せば毎日でも行きたい寄席ですが、そこを許してしまうと仕事も出来ず、経済的にもやはり、現状は月1が限度でして。

で、つい先週行ったある落語の会で、初めて聴いたのが、「宗珉の滝」という話。

横谷宗珉という江戸時代の金工師の弟子の宗三郎の話なんですけどね。
うちの祖父は横谷宗舟といいまして、木彫刻師をしており、私は生まれた頃から木の香りのする工房で育ちました。(なのでアロマオイルはヒノキの使用率が高いのかしらね。)
曽祖父も代々その名前で、仏像とか、お寺さん、帝釈天の胴羽目彫刻なんかを作った人なのですが、私はその落語の話を初めて聴いて、いきなり自分の祖父の名前(職人名)と酷似した名前が噺家さんの口から何度も語られるわけですから、本当に驚いたのですよ。

自分のこっちのルーツも知らないなんてね。
まあ、はっきりした家系図もないし、その流派の端の端くらいなのではないかと。

で、キョンキョンの初ハンバーグ(喬太郎師匠のハンバーグができるまで)も聴けたし、ほこほこしながら帰りはたまたま目の見えない方と一緒に帰り、やはり視覚が遮断されると聴覚が敏感になるんですかねえ、いいなあ。と問いかけたら、よく言われるのですがそんなこともないんですよ、もともと落語は想像力の世界じゃないですか。と言われて、深く納得。