2022年11月26日土曜日

近所のホールにピアノを聴きに行く。


エリソ・ヴィルサラーゼ、ジョージアのピアニスト。
モーツァルトとショパンで構成されたピアノは彼女の存在感と共に圧巻だったが、私が感動したのはアンコールの2回目。
鳴り止まない拍手の中、再びふわりと現れて、ふわりと弾き始め、ふわりと終わる。
見事な軽やかさ。傘寿を迎えたとのこと。
仕事で挫けることも日々少なくないけど、ここまでならないとだめね、と、驚きと元気をもらう。すばらしい。

2022年11月23日水曜日

「いにしによる ー断片たちのささやきに、耳を」トーク

瀬戸内海歴史民俗資料館で12/18まで行われている企画展示の初日に行われたトークの様子を下記のリンクで視聴できます。

この企画に至るまで の思い、これからなどが見れますのでぜひ!

展覧会もあっという間に残りの会期はあと1ヶ月です。


公式トレイラーバージョン(3分くらい)

https://www.youtube.com/watch?v=knPu6eISV3s


オープニングトーク全編(50分くらい)

https://www.youtube.com/watch?v=_oK66K94U7Q

2022年11月7日月曜日

和作ウィークの途中報告

 今年の小林和作ウィークも1週目が終わり、前半戦が終了。よい天気に恵まれました。

私が髙橋家で「髙橋家にまつわる物語」を探し始めてからはや九年、髙橋家やそこに住んでいたご家族と対話し、公開の際にいらしたお客さまと対話しながら、ここで時間を過ごせることに変わらないうれしさを感じます。
青年時代を尾道の髙橋家で過ごされた玄洋先生にお話を伺うために、ほぼ毎年、関東のご自宅を訪問しています。昨年からの和作ウィークでの三軒同時公開を「小林邸と小野邸に手を引っ張っていただいているよう」と喜んでくださいました。

私も昨日今日と小林邸、小野邸を見学に行きましたが、変化の過程にある小野邸(旧小野産婦人科)にワクワクドキドキし、小林和作邸ではここで丸木スマさんの絵を見られる喜び!もうめちゃくちゃいい体験でした(感動の語彙が不足‥)。
来週もあるので、みなさまぜひ体験なさってください。
写真は、髙橋家のお墓から見下ろした尾道水道と和作邸の丸木スマ展、今日のグリーンレモンフェスタに松江から遠征しにきていたペンギン13歳。










2022年11月3日木曜日

今年の和作ウィーク

 今日から尾道で、小林和作ウィークが始まります。

私が2013年から関わっている髙橋家も小林和作邸、旧小野産婦人科と合わせて公開。
ある時代の尾道の風景が浮かび上がります。
髙橋家の掃除と最後の仕上げに私も尾道に向かっていますが、とてもいい天気。
今年は和作邸で丸木スマさんの展示もあり、イベントも盛りだくさん。
鑑賞者としても、とても楽しみな尾道滞在なのです。





2022年11月2日水曜日

2022年10月26日水曜日

久々の鈴本演芸場と、キョンまつり

これは昨夜のFBに書いた投稿から。

_________________________

久しぶりの鈴本。キョンまつりに行き着くまでも、ウルトラ系あり古典ありでたっぷり堪能、お腹抱えて笑う。ピグモンもガラモンも歴代の怪獣も、帰りのバスでググってしまった。


「それでも私は生きている」は
星劇団の梅子さんの名台詞だけど、
それでも私は、生きている。
それでも私は、生きていく。

寄席は栄養、私のパワースポット。
ありがとう。
_________________________

先週、大事な近しい人が亡くなった。
だから今週はやや忙しい。
それでも、何があっても笑い、悲しみ、生きる。
これは私の宣言でもある。








2022年10月7日金曜日

少し落ち着きました(ので、展覧会の紹介)。

 今、香川県立瀬戸内海歴史民俗資料館、瀬戸内ギャラリーにて、企画展示「いにしによる ー断片たちの囁きに、耳をー」が12月18日まで行われています。

高松市塩江町にある一軒の空き家となった家 ー旧藤川邸を舞台に、文化人類学者とアーティストがタッグを組み、2019年から開始された同地でのプロジェクトを展覧会の形にしました。内容は、文化人類学者の聞き取りやアーティストがリサーチからインスピレーションを受けて作品にしたもの、文化人類学者が聞き取りから創作した不思議な物語とそれを視覚化した作品等盛りだくさんです。空き家からから出て来た “もの”と、そのストーリーを、文化人類学者が夜を徹してオリジナルのタグに800点以上に記載した情景は圧巻です。

それぞれが今までに見てきたこと、学んできたことなどが反映されています(このオリジナルのタグについては、大好きなオックスフォードのピット・リヴァース・ミュージアムで見たタグが根っこにあったり・・)。

今週末10/8は夜間開館(予約制)もあり、資料館のコレクションも建築も素晴らしいので、ぜひお越しください。

(詳細情報はこちら)