2021年10月22日金曜日

和作ウィークが来るっ

 113日から、尾道に和作ウィークがやってまいります。

高橋家は、主人であった高橋武氏が、第二次大戦時に朝鮮総督府の視学官として勤務し、終戦を経て帰国後に尾道市の教育長に迎えられ、家族と共に住んだ高台にある一軒家です。


尾道で滞在制作をすることになった2013年の夏、この家にどうしようもなく魅かれてしまった私は、高橋家の家族の物語や歴史を「高橋家にまつわる物語」として読み解きながら制作し、2013年から1年に1度公開してまいりました。今年は高橋家と交友が深かった画家、小林和作(1888-1974)の邸宅と、和作の親友であった医師、小野鐡之助邸と同時に公開します。尾道空き家再生プロジェクトが再生を手がけているこの二軒も素晴らしい邸宅です。


高橋家と合わせて三軒を巡ることで、当時の風景や文化的背景が浮かび上がり、尾道のこれまでとこれから、それぞれの物語が再生されることでしょう。

 

期間中はスケッチやツアー、トークイベントもあります。

詳細は、以下の尾道空き家再生プロジェクトのリンク先へどうぞ。

 

http://www.onomichisaisei.com/index.php?catid=10&itemid=446&fbclid=IwAR0gxTLZ40hWw6i4at7ANR589Mh9A44FXC5fNOPfNprRip8zSWyoeyPrClk





 

 

2021年10月20日水曜日

夏の神戸のプレゼンの講評が出ました

私のプロジェクトは長く継続するのが特徴の一つということもあり、最近ここらで一旦整理したり、自分の幅を広げるためにも、紀要に挑戦したり、公募企画のプレゼンテーションに参加してみたり、この夏はさまざまなチャレンジをしていた。

11月に星劇団の再演を控えていたから(来年3月に延期、詳細はまたおしらせします)、2021年は夏のほとんどの時期を尾道で過ごし、まるちゃんに助けられながら、これらの仕事を片付けていた。
神戸のプレゼンは、審査員が1名で、前から興味があった遠藤水城さんが今年の担当だったということもあって応募してみた。小倉さんもよーく私に、遠藤さんの名前を言ってたっけ。

書類審査を通過した8名がプレゼンに挑み、1名が採択されるという狭き門だったけど、やってみてよかった。最近は仕事で人の作品を見たり、講評する機会の方が増えていたけれど、やっぱりプレゼンには参加する側がたのしい!というのが今回の結論でした。
年月重ねれば、きっと自然にふてぶてしくなれるかも、よ(?)と若い学生さんにも言ってあげたい。
遠藤さんのコメント、大切にしながら今後も制作していきます。

https://www.kavc.or.jp/report/8362/


尾道のまるちゃん。急に寒くなって大丈夫かな。心配だな。
どなたかおうちに迎えられる!という方がいたら連絡くださいな。






2021年9月6日月曜日

星劇団再演プロジェクト

 

舞台美術を作るチームが吉和の街の細部まで舞台上に再現すべく、あれやこれや頭を捻りながら、アイデアとテクニックを駆使してくる。脚本演出チームも想像を膨らませ、やりとりが止まらないなか脚本の完成も近づき、演者チームは個別グループで自主練しようとか、ピンクレディの振りを練習してみました!とか、勝手にたのしく動いてる。できるだけ口を出さないようにしながら私はその隙間をうろうろしてるだけだけど、それぞれが勝手に動いてるさまがとても心地よく、いいプロジェクトになってるなぁと、実は心の中で勝手にニヤニヤしてる。

 

昨年発行した星劇団の冊子に、みんながそれぞれ書いてくれた「わたしの星劇団」が、現実に動いているのを目の当たりにできるうれしさ。そしてこの裏で、会場となる小学校や大道具を置く倉庫など交渉してくれたり、いつも支えてくれる方々にも感謝。


















 

2021年7月30日金曜日

すばらしい展示を観た、2021年7月の終わりに。

 緊急事態宣言下の東京で、静かな、そしてすごい展示を観た。このまま終わってしまうにはあまりにも惜しいので、以下稚拙な表現ですが、ご紹介したいと思います(時系列順)。

 1つ目は東京都美術館の展覧会、イサムノグチはひらけた空間に作品が点在する絶妙な構成に身を委ねる気持ちよさがあり、特に最後の部屋にある晩年の彫刻群は、イギリスでよく巡っていたレイラインにある遺物を思い出した。でも、その後に観た企画「Walls&Bridges-壁は橋になる」は更に響いた。https://www.tobikan.jp/wallsbridges/





5
人の作家の作品と人生譚なんだけど、まぁ丁寧に贅沢に作られた展覧会。作品はそれぞれに見ごたえあり、無駄のないテキストと一緒にじわじわと効いて来る。気持ちが充足感でいっぱいになって、その後勢いで焼肉を食べた(席にアクリル板ありの店)。

 

 そこから神楽坂のSprout-Curationで行われている「かんらん舎・ 大谷芳久の手探り」

へ。(https://sprout-curation.com/exhibitions/3636
思わず、なんだこれはと言いたくなる大谷さんの研究成果。銀座のかんらん舎があった頃から展示を観たり、作家としてアドバイスやお話を聞いたり、大谷さんの文章を読むばかりだったが、まさかここまでとは。手仕事の美しさと意味と覚悟。


気が遠くなるような時間をかけて、この果てしないお仕事をされていた大谷さんにも、これらを展示企画として私たちに観る機会を与えてくれて、会場には展示しきれないさまざまなお話をしてくださった企画の角田さんにも、心から感謝したい。8/8まで金土日のみあと5日間、お見逃しなく。

 これらの贅沢な文化的体験がコロナ禍でどんどん予算が削られて、機会が減らないようにと祈るばかり。特に紹介した後者二つの展示はあまり密にならない状況かと思うので、行ける方は是非とも体験することをおすすめいたします。


こんな時期ですが、こんな時期だからこそ、少しでいいから確実に、一見世間の表層から隠れている派手さはなくとも地に足のついた、いや、地の奥深くまで潜り込んでいるような大切な仕事で世界が構成されていたらいいなぁ・・・・・と期待を込めて。




2021年7月16日金曜日

神戸でプレゼンします

塩江で、ピピロッティリストの気分で壁を破ったり、がんがんフィジカルワークをしてた(のちに活動報告します!)と思ったら、来週末7/25は神戸のKAVCでプレゼンします。KAVCは昔から大好きな作家、グレゴールシュナイダーのプロジェクトに感動したのと、この公募形式が興味深かったこと、ちょうどコロナで各地のプロジェクトが延期になり、ちょっと時間を持て余していたのもあって、申請してみました。

アイドルのデビューのきっかけが、「引っ込み思案なので周りが心配してオーディションに応募してくれた」とかよくある話ですが、これは面白そうなコンペだと思って、正真正銘自分で応募しました(なんのこっちゃ)。


https://www.kavc.or.jp/events/7871/


プレゼンにはいつも自信がないけれど、よいプランができたのでがんばります。




2021年6月24日木曜日

思い出徒然

 八丁堀のヒノギャラリーで、是枝開さんの個展が開催されています。是枝さんは私の最初の個展時 (22年前?のキュレーターでしたが、今も大学の先生の仕事と共に、画業を並行して続けています。よい仕事でした。小雨の降るなか観に行ってよかった。私の最初の個展はセゾンアートプログラム「アートイング東京21x21 1999」の企画でした。思い出は尽きませんが、企画内最年少ゆえに悔しい思いもたくさんしたり、でもあの経験が制作においての私を骨太に育ててくれたような気がします。

最近武蔵美の食堂で冨井大裕さんが、アートイングに出した私の水平線の絵画を「あれも今に通じるフィールドワークの仕事だね」と覚えていてくれて、そんな見方をしてくださったのも、作品を覚えてくださっていたのも、めちゃくちゃうれしかったなぁ。恩師のひつだ先生は、私が学生の頃に冨井さんをよく講義のゲストで呼んでいらしたし、いい仕事をしている先輩たちの背中を見ながら、私もますます頑張らなと思います。

 

是枝さんの個展は26日まで。是非に。http://www.hinogallery.com/2021/2526/


私は明日から久しぶりの尾道です。





2021年5月14日金曜日

あらら、、

 もともと今月は、週末ごとに地方でのプロジェクトがあったのだけれど、感染者数の増加、とうとう広島と岡山にも緊急事態宣言が出て、明日からの尾道行きも中止。来週の塩江も延期になった。プロジェクト自体は中止ではなくすべて延期なので、落ち着いてからじっくりやりましょうという感じなのですが、この詰め込み過ぎの予定に対して急に空いてしまった時間。

ちょっとワーカホリック気味だったので、時間が空いてちょうどという気もしなくはないが、せっかくだから制作を進めたり、文章を書いたり、普段なかなかまとまった時間がないとなかなか出来ないことをしたいなあ。つい先日も、あるテーマの勉強で図書館でまとめて10冊本を借り、さらに古本も買い求めたところだったので(新幹線で読もうと実は意気込んでいたのだが・・)。

学生時代、急な休講でフリーになった時、友だちとお茶してだらだら過ごしちゃったけど(それはそれで楽しかった!)今回はピンチ(個人的にはそうでもないけど)はチャンス、急な予定変更もチャンスととらえて、しっかりやりますか。