2019年10月30日水曜日

高橋家公開 2019



たとえば虫が喰い、脆くなった床板
たとえば背面の板がばらばらになって、壊れる寸前のかつては美しかった棚
たとえば台所の床下に放って置かれた、数々の一升瓶
たとえば湿気によって、崩れた台所や階段の踊り場
彼方此方に残る小さな傷や朽ちゆく場所は
家族が此処に住んでいた時間の線上に残っています
それら消えてしまう記憶やかたち、音などが
再び長い時間をかけて  集まりゆく場所となりますように

_____________________________
高橋家公開
公開日  2019年11月3日[日/祝]、4日[月/祝]、9日[土]、
     10日[日]、16日[土]、17日[日]、23日[土]、24日[日]
     ※土日祝日のみ公開
時 間  11:00~18:00
場 所  722-0046 広島県尾道市長江2丁目9-19
     ※尾道南高校より徒歩2分
観覧料  無料
関連企画 □ 横谷奈歩 アーティストトーク
     日 時 11月3日[日] 16:00〜
     場 所 高橋家
     料 金 800円(ドキュメント付)
     □ もうひとりと歩く エリアツアー
     日 時 11月10日[日] 14:00〜 2時間程度
     集 合 光明寺會舘
     ※光明寺界隈〜斜面地・坂道ルート〜高橋家
     料 金 500円
主 催  AIR Onomichi実行委員会
     ひろしまトリエンナーレ実行委員会
協 力(敬称略)高橋玄洋、等江 梅林信二 杉井隼人 
     新田悟朗 山本晶大 尾道新聞 尾道市立大学
     NPO法人尾道空き家再生プロジェクト 
助 成  文化庁 損保ジャパン日本興亜 
     beyond 2020 x





2019年10月25日金曜日

制作の日々



先日の投稿とは打って変わって、制作の毎日が続いている。
〆切もありながら、自身の勉強のためでもある。

尾道の高橋家の公開が11/3からに迫り、その制作と、本の表紙プロジェクトも。
それともう一つ、ヌードデッサンの授業を受け持つことになったので、自分に気合いを
入れるために。

浪人が長かったので、油画に入るまでかなりの数の絵を描いた。
その中でも人物課題は楽しみで、裸婦は特別なものだった。
芸大に受かった年の入試もヌード課題だった。横構図で背中を描いたのを覚えている。
暗めの画面で映像的に捉えた絵を描いた。

昨夜は初心を思い出し、いそいそと横浜の世界堂で大きなクロッキー帳を手に入れ、
(こんなに高かったっけ!?と思いながら → 好きなことをさせてくれて両親よありがとう)アトリエに向かった。

モデルは私の憧れのパフォーマーさんだ。豪華すぎる。
大きく手を動かしていると、あっというまに時間が過ぎていく。
身体だけでなく脳や細胞の隅々まで使っているような。
終わった後は心地よい、お風呂上がりのような感覚で、電車では眠気が襲ってきた。

描いた絵に関しては、いろいろと固定観念に縛られていることに気づいたり、反省点も
あった。でもとにかく楽しかった。
個性的なアトリエの雰囲気もとても良かった。
また、描きに行こう。




2019年10月8日火曜日

さて。



今日は久しぶりに1日制作。

ここのところ別件に取りかかりきりで、美術家を名乗るにはとても恥ずかしいペースだったから(とはいえプロジェクトや作品に関係する大事なことではあるのだけれど)、
久しぶりにじっくり手を動かして、撮影まで進めて、いろいろと取り戻した感じ。
この感覚があればきっと、今後何があっても軸はぶれないのだろう。

今日作っていた作品も、来年にはお披露目出来る予定。
どんな感じに仕上がるのかは、私がいちばんに楽しみにしているのだ。


2019年8月31日土曜日

初のマレーシア。



プロジェクトでマレーシア入りしました。
明日(9/1) からは地方に行くため、連絡が繋がりにくくなる可能性があります。
メールは10日過ぎには確認出来ると思います。9月中旬過ぎに帰国します。
こちらのプロジェクトに関しては、来年3月頃に日本での発表でお伝えできる予定です。

写真は、今朝行ったコインランドリーと、寄生虫のような麺の朝ごはん。
寄生虫みたいだけど美味しかった。














2019年8月24日土曜日

2019年の夏も終わりに近づき



いかがお過ごしですか。

こちらは慌ただしいというか、慌ただしい中にいると、慌ただしいことすらも見えないというか、台風の目の真ん中にいるようなものでしょうか。

今年の夏は、8月頭の大阪での打ち合わせに続き、尾道へ。
お盆も尾道で過ごし、先週、東京に戻りました。ちょっとだけ東京の空気を味わったらすぐにマレーシアです。

尾道では、台風も来たし、濃い日々でした。
高橋家のことも星劇団のことも、毎日毎日進展があって、良い時間を過ごせました。
                                             

   






    




    
プロジェクトのことで忙しく過ごしつつも、合間にはよきデザートを食したり、
いつも実家のようにあたたかく迎えてくれる、あるご夫妻のお店にお招きいただいたり、
楽しい個室飲み会(密談会)とかも。
仕事とはいえ、こんなにリラックスして夏休みを過ごせたのは、尾道と、尾道の方々のおかげです。


   


 

次は9月、海外でのプロジェクトを終えて、とにかく無事に、元気に戻ってこなくては。
その頃の尾道は、もう秋かなー・・・、またよろしくお願いします。









2019年7月13日土曜日

落語と、挑戦と



昨年からぽちぽちと、今年に入ってからは立て続けに3度ほど、講演をする機会があった。
以前から人前で話すことに苦手意識を持つ私が、しばらく前に話の上手な友人にそのことを相談すると、落語を勧めてくれた。
そして浅草演芸ホールに聴きに行ったのが、昨年の夏。
ちっとも話は上手くならないくせに、そこから見事に落語にはまってしまった。

昨夜もゆるく高座を聴きながら、喬太郎師匠の前の小菊さんの都々逸で、懐かしく祖母を思い出したり。彼女は端唄をやっていた。
私も中学、高校と三味線を習っていたものだから、聴き慣れた歌や三味線の音色、土地の名前が出てくると、なんというか、心からほっとする極上の時間となる。






さて。
今は、月末〆切の作品の制作期間。
同時進行で、来月からの尾道のAIR滞在計画、マレーシアの森のプロジェクトへと続く。
今年からは仕事で、今まで教えていた「社会とアート」の他に、もうひとつ大学で
授業を持たせてもらっている。
私の専門とはいえ、専門分野ではない人々に教えること。
そう、ハードルの高さは人それぞれ。だから、一緒にやる。

たくさんの受け取ってきたものを、少しでも大切な人たちに届けられたらと、
考えること、想像することは次から次へと、、、今年は特に、新しいことに囲まれている。

いつまで経ってもベテランにならない、なれないなぁ。






2019年6月21日金曜日

星劇団再演の打ち合わせと聞き取り




第二次世界大戦前から昭和35年に火事で焼失するまで、尾道市吉和地区にあった劇場、衆楽座。星劇団の公演は、ほとんどがこの衆楽座で行われました。
聞き込みをしても全く写真がなくて、ようやく最近見つかったのは上空写真。
でも当時の人々の記憶にはしっかり残っています。

今日は吉和公民館で、吉和に住む方々と、今後の星劇団再演計画の打ち合わせと、衆楽座のお話を聞きながらの模型製作。さすが大工さん、素材や作りの記憶が細部までしっかりしていらっしゃいます。だいぶ形が見えてきました。