2022年9月12日月曜日

秋の大イベント。次の展覧会のお知らせです。

 さて、時差ボケが治ったと思ったら、すぐに展覧会のお知らせです。

今週末から設営作業。かなり奇妙な展示になる可能性大です。初日にはギャラリートークもあります。アクセスがやや難ですが、それを上回るべく、チームで進めておりますのでご期待ください。

「いにしによるー断片たちの囁きに、耳をー」
2022年110月1日(土曜日)~12月18日(日曜日)
開館時間午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日毎週月曜日(ただし月曜日が休日の場合、その翌日)
香川県立瀬戸内海歴史民俗資料館 第一展示室 

*予約制で、塩江町上西地区でも制作中の藤川邸を公開いたします。
 詳細はリンク先のフライヤーにて。

https://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/setorekishi/exhib/r4_03_setoutigarally.html





2022年9月2日金曜日

0からのスタート。ナポリにて。

 今回の長い旅。カッセルとヴェネツィアを経て、フィレンツェとナポリ近郊 〜ナポリでは、大切な友人たちと会いました。コロナのしばらく前以来、今もお互い無事で元気に暮らしていることを確認出来ただけでもうれしいのに、素晴らしい歓待を受けて、幸せすぎる時間を過ごしました。


私の人生初の一人暮らしは(いい年して恥ずかしながら)2009年秋のナポリ県ポンペイ市。イタリア語もできず、アジア人をほとんど見かけない土地で毎日せっせと遺跡に通っていましたが、だんだん街にも慣れ、友人もできて、研修の合間にナポリ市内に足を延ばして散歩する心の余裕も出来たり。 つらいとか大変だとか感じる余裕すらなかったけれど、今、あの頃の懐かしい場所をゆっくり歩いています。
いろいろあったけど、なんとかここまで生きて来れたなぁなんて、そして今回の滞在で気分は初心に帰り、1ならぬ0からスタート。この先もまた、もうちょっと生きていけそうかな。今まで出会ったすべての人に自然と心から感謝の気持ちです。 

明日明後日ともう少し懐かしい場所を歩きながら、この先の未来に向けて充電予定。本日は帰国のPCRでしたが、有無を言わさぬまま、口に入れた綿棒を鼻の中に入れられ、涙も鼻水もずぶずぶ。9/7以降は検査が必要なくなりますが、検査代はこの体験料か?
なかなか面白体験でした。






















2022年8月17日水曜日

塩江のお野菜

 プロジェクトで塩江に通ってます。大きな展示となるのは10月1日からですが、

先日も撮影に行ってました。


制作報告は発表の際にアーティストトークもあるのでじっくりと。

今日は塩江でいただくお野菜について。

いつもお世話になってる上西地区の皆さんは、新鮮かつ元気なお野菜を毎回くださる。

これが、大地の元気をそのまま吸収したような(育てる人もよいのだろうな)野菜で、

そのまま栄養をいただいてます。

今朝は立派なかぼちゃの半分をスープに。うん、さっぱりして甘い。美味しい。

調理したお惣菜やご飯をいただくことも。元気になる。


本当の贅沢体験をさせていただいてます。感謝です。

画像は食べかけのスープ。




2022年8月15日月曜日

お盆休み2022

 世間ではお盆休みというものですね。今日は台風が去って涼しくて気持ちのよい日。

極小ベランダ菜園では、鷹の爪が次々となっています。

昨日は家族の携帯の切り替えに店頭へ、数えたら3時間以上・・・

4人のサービスマン(というのかな)さんと話しましたが、勉強になりますね。

人にわかりやすく的確に伝えるというのはどういうことか、など。

さて。

先週末に塩江のロケで制作の大きな山場を超え、自分の中での整理整頓と位置付けている

某研究報告の挑戦も終わり、次は渡航の準備です。

近年コロナ前まではアジアが多かったのですが、2017年ぶりのヨーロッパ。

特にイタリアは長期滞在してからまる10年だったかな。

まだ海外はハードルが高いのだけれど、今年は行かなければという

自分の中での節目のようなものもあり。


人生一度きりです。

うちの猫はいつもそんな感じ。

なるようになるさ、たのしくいこ ってさっきも言ってた。

お墓まいりも行きたいなあ。






2022年7月5日火曜日

こちらも備忘録として(7/3)

 最近は、10月に向けた制作週間なのですが、その合間のお誘いがいろいろと楽しい。

ちょっとした息抜きのつもりがなかなかの人生経験となり、つい先日行った都美術館のスコットランドの展示も久しぶりに教科書を見ているような上質な体験でした。

さて今回は、あれです。東京ジャーミィ。





東京は代々木上原にあるモスクです。

マーケットもあるしカフェもあるよ!と長い友人からのお誘い。こんなお誘いをしてくれる友人がいること自体が幸せなことだ。

せっかくなので、ランチして、館内ツアーも堪能しようとその日はたっぷり半日かけるつもりで滞在。館内ツアーはガイドの方の熱意で時間延長、終わらないストーリー。その日は結婚式も行われていた。イスラムの世界はとにかく奥深い。

きっとまた訪ねてしまうだろう、お料理教室の日に合わせて・・・





最近もいろいろとあり

 ※備忘録として書いておきたい※

7月2日、人生初のバリウム検査。

程よい腹ぺこ具合のなか検査着に着替え、
噂に聞くほどバリウムという飲み物は不味くもなく、発泡剤はラムネの味がした。
子どもの頃、歯医者で背中を倒される時に、そばに先生がいないとそのまま逆さまになって滑り落ちてしまうのではないかといつもドキドキしていた。今回は昔コントで見たような乗り物に乗ったが、窓の外には技師さんもいるから大丈夫。
指示に合わせて、無我夢中でしがみつきながら腹を膨らませたり、凹ませたり傾けたり忙しい。
次々くる指示を頭の中で身体に変換し、これも昔の旗揚げゲームを思い出した。
赤あげて、白下げないで… 技師さんDJみたい。
「ありがとうございました、面白かったです」と頼まれてもいないのに、最後に技師さんに感想を言って終了。

終わったあとも大変だ。
下剤を渡され、飲んだバリウムを排出しないと大変らしい。肉体を伴っているといろいろ面倒なことも多い。とりあえず近くのサイゼリヤで水二杯と下剤、にんじんサラダ。パンプキンの冷製スープはさっきのバリウムといろいろちょっと似ていた。お疲れ様でした。


2022年5月25日水曜日

最近作ったもの、お世話しているもの



・干し芋

・ちりめん山椒

・柑橘ピール

・醤油麹

・ミニトマト

・ローズマリー

・オレガノ

・紫蘇

・鷹の爪

・猫

あとはなんだったかな、天気もよくて、毎日たのしい

2022年3月24日木曜日

星劇団再演プロジェクト・本番を迎えて

 先日の毎日新聞のサブタイトルに“美術作家ら10年越し企画”と見て、そうか、もう吉和と関わって10年になるのかと驚いた。自分がプロジェクト中心になると、なかなか客観的に見ることは難しい。

ずっと個人プレー中心に続けて来た制作活動が、ありがたいことにいつのまにかこんなにメンバーが増え、それを束ねる器もない私はただ傍観しているようだった。でもある時点からなぜか、この人たちと一緒なら、きっと奇跡が起きるに違いない。と確信めいたものが湧いてきた。時間もお金も人も、この規模のプロジェクトではまったく足りないはずなのに。

 

当日の私は、舞台の様子はもちろん、場面転換や照明、音響効果などみんなの勇姿が見たくて、自分の化粧や衣装替えもそこそこに楽屋を走り出て、写真を撮ったり手拍子したり、すごい〜とお客さんに混じって忙しく見ていた。

吉和漁港の夜空に輝く星の光。

あの漁民アパートの隣の旧冷凍倉庫で、みんなの力でこんなにすごいことが本当に出来るなんて、私がいちばん信じられない。感謝しかない。

非公開の収録だったけど、吉和地域の方々にだけは、騒音等のご迷惑をおかけすることを想定してあらかじめ告知の回覧板を回した。3時間前から場所取りしていた方、リハから毎日見にきた方もいた。星劇団の成り立ちを描いた1部の芝居に出てくる役の「あの人知ってる!」とか、「歌と踊りの2部が楽しみじゃ」とか、いろんな声が聞こえてきた。うれしかったのは、劇場に使用した旧冷凍倉庫跡で、普段たき火を囲んで憩いの場にしている眼光鋭い漁師のおじさんが、本番の翌日に舞台の解体をする現場の私に近づいてきて、昨日はありがとう、と目を見てしみじみ言ってくれたこと。

星劇団の再演は終わったけれど、みんなで蒔いた種は今後どのように、成長していくのだろう。今回踊ってくれた吉和の子どもたちの心の中の種もゆっくりと成長しますように。

今後、記録映像の上映会は夏を予定しており、全ての関わってくれたみなさんと、そのプロセスを紹介する記録冊子を制作し発行する予定ですので、楽しみにお待ちください。




               











        









                                             












        



 

2022年3月18日金曜日

【星劇団再演プロジェクト】

今日の西日本は大雨、東北では再び大きな地震が、世界では戦争が起きています。私は戦争体験者ではないけれど、個人の小さな声が大きな物語に回収されていく危機感が、星劇団再演プロジェクトを始めたきっかけのひとつでもあります。個人の記憶の聞き取りを出来るだけ丁寧に行う最中、コロナが起き、高齢の方への聞き取りや再演が延期され、常に時間との戦いでした。

 

そんな状況で、今を生きている私たちがどれだけリアルな言葉で対話出来るのか。もうすぐの再演(収録)に向けて、日々メンバーのみんなと「密」にならないよう気をつけつつも、すごく密度の濃いやり取りを重ねながら、既に星劇団の再演は始まっています。

あと少し、きっと大丈夫。

ヤエ子さんも初恵さんも、梅ちゃんも見守ってくれている。








2022年3月7日月曜日

小倉正史さんの著作集が出版されました


小倉さんが亡くなったのは2年前の3月。
コロナが始まってすぐの時、のちの編集メンバーで片付けに入った小倉さんのお部屋は、蔵書や資料でいっぱい。晩年に、いろんな場所であそんだり、お話ししていただきましたが、こんなにたくさんのお仕事をされていたなんて、実は今回の本作りに携わるまで知らなかった。

ごめんなさい、小倉さん。もっと勉強します。

2022年2月25日金曜日

星劇団再演プロジェクトの現状


「 70年ぶりの幕開けは、間もなくだ。」

星劇団の再演についての記事が出ました。取材してくれた記者は、中国新聞尾道支局の石下奈海さん。

一昨日、89歳になるロダンのマスターも、戦時下とコロナ禍が重なるという話をしてたっけ。でも断然つらかったのは、やはり戦争中と戦後だったと。

星劇団の女性たちがなぜ星劇団であったのか。
公演を控え、今、毎日必死に練習するなかで、また少しだけわかった気がするんです。

 

私はある踊りをチームで披露するのですが、周りで支えてくださる人たちはもちろん、遠くにいる大切なひと、今は遠く離れてしまったあの人にも届いてほしい。観て、笑ってほしい。そして、指差して笑って欲しい。全く、バカみたいに本気でやってるよ、ってくすくすして欲しい。

 

どんな状況でも笑いが伝播するなら、そんな幸せなことはない。

涙を誘うまでの演技の技量は今の私には無いけれど、観てくれた人がお腹抱えて笑えるくらいを目標に、ストイックに今はがんばることしか出来ないなと。

 

デジタル版リンクはこちらです。登録すると、少しみんなが練習してる動画も少しだけ観れます。

 

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=835689&comment_sub_id=0&category_id=112&fbclid=IwAR1GtemBlvyjs7jy5j8lHT6wcQQc38ar03Kzl6inzOW1xBBz_gZyRnkApf4