2021年12月14日火曜日

演劇公演「天と地のまなか」(12月12日)

昨晩の大広間の興奮さめやらぬまま、演劇を観るために早朝の尾道から広島へ。

今回の観劇、寅卯演劇部による「天と地のまなか」は、ある広島出身の作家について描いた物語で、私はこの原民喜という詩人のことも全く知らなかった。来年3月に再演を予定している星劇団の再演に出演予定の明日香さんが出ることで観たくなったのと、演劇について少し勉強するつもりもあって行ってみた。

帰りのフライトの時間を少し気にしながら見始めたのに、小気味良いテンポの場面展開やシンプルでよく考えられた舞台構成、この繊細な詩人にあっというまに感情移入してしまい、何度か涙腺崩壊しかけながら、気づいたら終盤に。
常に何処かで死が身近だったのに、あの日に広島の原子爆弾に遭遇し、その後に身を削って書き残す決心をした作家。
三年前の秋、祖母の弟の見舞いの際、北海道から少年兵として来た広島で被爆した話を聞いてから、今までは学習して理解しようと努めていた原爆の体験の話が、急に身近なものになってしまった。
生き残ってしまったものの苦悩。
過去と繋がる方法は模索しつつ少しずつやってきながらも、
私たちは、未来とも繋がれるのだろうか。
なんて考えながら慌ただしく空港へ。
良作でした。今夜も興奮さめやらぬ。

”自分のために生きるな、死んだ人たちの嘆きのためにだけ生きよ”







尾道のスクリーニングイベント「場景」

先週末の12/11土曜日、尾道で行われた素敵なイベント[場景]。

即興がキーワードになる映像やパフォーマンスが入り乱れる会。すべての体験は記録されて、来週(12/18,19)も会場で流れるそう。
まず、会場となった松翠園大広間の場の力がとにかくすごい。こんな場所を再生させる空き家再生プロジェクトすごい。私は初めて足を踏み入れましたが、ここまでとは、唖然。
そしてその場所に絡む、人や作品。だんだんと日が暮れゆくなかで、ゆっくり動いていく豊かな時間は、今回のために作られた手作りの巨大スクリーンや、温かく、すみずみまでおいしいご飯と会話からも作られていたでしょう。まさに場景。

東京から小山穂太郎さんと研究室の皆さんも来て、ディープで感動した夜でした。
あ、私も映像と降霊術?のような対話パフォーマンスしました。星劇団の予兆編です。















2021年11月14日日曜日

京都のヴォイスギャラリーで展示をしています


今回の展示は、フィールドワークから模型を制作し、撮影した写真作品(過去作品)と、星劇団再演プロジェクトの紹介です。展示はヴォイスギャラリーのディレクター松尾さんがやってくださったのですが、他者からの目線の展示で作者が気づかされることも多いなと思ったりします。松尾さんが深く理解と共感を寄せて紹介してくださることが、とてもありがたいです。尾道の吉和から、戦後を生きた女性たちの活動が静かに浸透していくようです。京都に行かれる方は、是非に。11月20日まで。

http://www.voicegallery.org/exhibition_event.php 

____________________________________

2021年11月3日(金)~20日(土)13~19時
休廊日:11月8日(月)・9日(火)・15日(月)・16日(火)
Room A 横谷奈歩「その向こうにあるもの」 / Room B 唐仁原希「仔鹿がきたみち」

横谷奈歩「その向こうにあるもの」(展示室A)
横谷奈歩は、東京藝術大学において絵画制作の後、主に、インスタレーションやパフォーマンスを横断的に制作してきました。
同大大学院在籍の頃から、国内外の戦跡、史跡、遺跡などにおけるフィールドワークを重ね、各地で関わった人々との交流を通じて、特定の歴史や場所を多様な形で作品化しています。2008年同大学において博士号取得。

このたびの展示では、2013年から横谷が多くの関係者や協力者と協働し、聞き取りや研究を続けてきた「星劇団再演プロジェクト」(於・尾道市)のご紹介とともに、各地での自身の鋭い観察を机上の模型に再構成し、さらなる想像を加えながらそれらを撮影、史実との交感や芸術家としての再編成を試みた2007年~2017年の写真作品群を展示します。
タイトルの「その向こうにあるもの」とは、横谷が、時空を超えて耳を傾ける人々の声やざわめきを指しています。(ヴォイスギャラリー)



2021年10月22日金曜日

和作ウィークが来るっ

 113日から、尾道に和作ウィークがやってまいります。

高橋家は、主人であった高橋武氏が、第二次大戦時に朝鮮総督府の視学官として勤務し、終戦を経て帰国後に尾道市の教育長に迎えられ、家族と共に住んだ高台にある一軒家です。


尾道で滞在制作をすることになった2013年の夏、この家にどうしようもなく魅かれてしまった私は、高橋家の家族の物語や歴史を「高橋家にまつわる物語」として読み解きながら制作し、2013年から1年に1度公開してまいりました。今年は高橋家と交友が深かった画家、小林和作(1888-1974)の邸宅と、和作の親友であった医師、小野鐡之助邸と同時に公開します。尾道空き家再生プロジェクトが再生を手がけているこの二軒も素晴らしい邸宅です。


高橋家と合わせて三軒を巡ることで、当時の風景や文化的背景が浮かび上がり、尾道のこれまでとこれから、それぞれの物語が再生されることでしょう。

 

期間中はスケッチやツアー、トークイベントもあります。

詳細は、以下の尾道空き家再生プロジェクトのリンク先へどうぞ。

 

http://www.onomichisaisei.com/index.php?catid=10&itemid=446&fbclid=IwAR0gxTLZ40hWw6i4at7ANR589Mh9A44FXC5fNOPfNprRip8zSWyoeyPrClk





 

 

2021年10月20日水曜日

夏の神戸のプレゼンの講評が出ました

私のプロジェクトは長く継続するのが特徴の一つということもあり、最近ここらで一旦整理したり、自分の幅を広げるためにも、紀要に挑戦したり、公募企画のプレゼンテーションに参加してみたり、この夏はさまざまなチャレンジをしていた。

11月に星劇団の再演を控えていたから(来年3月に延期、詳細はまたおしらせします)、2021年は夏のほとんどの時期を尾道で過ごし、まるちゃんに助けられながら、これらの仕事を片付けていた。
神戸のプレゼンは、審査員が1名で、前から興味があった遠藤水城さんが今年の担当だったということもあって応募してみた。小倉さんもよーく私に、遠藤さんの名前を言ってたっけ。

書類審査を通過した8名がプレゼンに挑み、1名が採択されるという狭き門だったけど、やってみてよかった。最近は仕事で人の作品を見たり、講評する機会の方が増えていたけれど、やっぱりプレゼンには参加する側がたのしい!というのが今回の結論でした。
年月重ねれば、きっと自然にふてぶてしくなれるかも、よ(?)と若い学生さんにも言ってあげたい。
遠藤さんのコメント、大切にしながら今後も制作していきます。



尾道のまるちゃん。急に寒くなって大丈夫かな。心配だな。
どなたかおうちに迎えられる!という方がいたら連絡くださいな。






2021年9月6日月曜日

星劇団再演プロジェクト

 

舞台美術を作るチームが吉和の街の細部まで舞台上に再現すべく、あれやこれや頭を捻りながら、アイデアとテクニックを駆使してくる。脚本演出チームも想像を膨らませ、やりとりが止まらないなか脚本の完成も近づき、演者チームは個別グループで自主練しようとか、ピンクレディの振りを練習してみました!とか、勝手にたのしく動いてる。できるだけ口を出さないようにしながら私はその隙間をうろうろしてるだけだけど、それぞれが勝手に動いてるさまがとても心地よく、いいプロジェクトになってるなぁと、実は心の中で勝手にニヤニヤしてる。

 

昨年発行した星劇団の冊子に、みんながそれぞれ書いてくれた「わたしの星劇団」が、現実に動いているのを目の当たりにできるうれしさ。そしてこの裏で、会場となる小学校や大道具を置く倉庫など交渉してくれたり、いつも支えてくれる方々にも感謝。


















 

2021年7月30日金曜日

すばらしい展示を観た、2021年7月の終わりに。

 緊急事態宣言下の東京で、静かな、そしてすごい展示を観た。このまま終わってしまうにはあまりにも惜しいので、以下稚拙な表現ですが、ご紹介したいと思います(時系列順)。

 1つ目は東京都美術館の展覧会、イサムノグチはひらけた空間に作品が点在する絶妙な構成に身を委ねる気持ちよさがあり、特に最後の部屋にある晩年の彫刻群は、イギリスでよく巡っていたレイラインにある遺物を思い出した。でも、その後に観た企画「Walls&Bridges-壁は橋になる」は更に響いた。https://www.tobikan.jp/wallsbridges/





5
人の作家の作品と人生譚なんだけど、まぁ丁寧に贅沢に作られた展覧会。作品はそれぞれに見ごたえあり、無駄のないテキストと一緒にじわじわと効いて来る。気持ちが充足感でいっぱいになって、その後勢いで焼肉を食べた(席にアクリル板ありの店)。

 

 そこから神楽坂のSprout-Curationで行われている「かんらん舎・ 大谷芳久の手探り」

へ。(https://sprout-curation.com/exhibitions/3636
思わず、なんだこれはと言いたくなる大谷さんの研究成果。銀座のかんらん舎があった頃から展示を観たり、作家としてアドバイスやお話を聞いたり、大谷さんの文章を読むばかりだったが、まさかここまでとは。手仕事の美しさと意味と覚悟。


気が遠くなるような時間をかけて、この果てしないお仕事をされていた大谷さんにも、これらを展示企画として私たちに観る機会を与えてくれて、会場には展示しきれないさまざまなお話をしてくださった企画の角田さんにも、心から感謝したい。8/8まで金土日のみあと5日間、お見逃しなく。

 これらの贅沢な文化的体験がコロナ禍でどんどん予算が削られて、機会が減らないようにと祈るばかり。特に紹介した後者二つの展示はあまり密にならない状況かと思うので、行ける方は是非とも体験することをおすすめいたします。


こんな時期ですが、こんな時期だからこそ、少しでいいから確実に、一見世間の表層から隠れている派手さはなくとも地に足のついた、いや、地の奥深くまで潜り込んでいるような大切な仕事で世界が構成されていたらいいなぁ・・・・・と期待を込めて。