2021年5月14日金曜日

あらら、、

 もともと今月は、週末ごとに地方でのプロジェクトがあったのだけれど、感染者数の増加、とうとう広島と岡山にも緊急事態宣言が出て、明日からの尾道行きも中止。来週の塩江も延期になった。プロジェクト自体は中止ではなくすべて延期なので、落ち着いてからじっくりやりましょうという感じなのですが、この詰め込み過ぎの予定に対して急に空いてしまった時間。

ちょっとワーカホリック気味だったので、時間が空いてちょうどという気もしなくはないが、せっかくだから制作を進めたり、文章を書いたり、普段なかなかまとまった時間がないとなかなか出来ないことをしたいなあ。つい先日も、あるテーマの勉強で図書館でまとめて10冊本を借り、さらに古本も買い求めたところだったので(新幹線で読もうと実は意気込んでいたのだが・・)。

学生時代、急な休講でフリーになった時、友だちとお茶してだらだら過ごしちゃったけど(それはそれで楽しかった!)今回はピンチ(個人的にはそうでもないけど)はチャンス、急な予定変更もチャンスととらえて、しっかりやりますか。





2021年5月1日土曜日

トークイベント2021「小林和作を旧居で語る。旧居を語る。」 

 GWは、NPO法人空き家再生プロジェクトによるこのトークイベントに出ます。


「小林和作を旧居で語る。旧居を語る。」 

http://www.onomichisaisei.com/index.php?catid=10&itemid=434



2013年からAIR_Onomichiで「高橋家にまつわる物語」として、約40年空き家となっている高橋家に取り組んでいます。これも再生の形になるのか、自分としては再生というよりも、この家を通じた対話(高橋家に住んでいた方々や、高橋家と関わりがあった方々、あるいは関わりのなかった方々)をしてきたつもりでしたが、それがいつのまにか再生の一つの形になっていたのかなと思うと、なんだかとてもうれしいです。

そして高橋家の近くにあって、高橋家との関わりも近かった和作先生。2016年にラジオドラマを作った際も高橋玄洋先生の脚本で出演していただいたのに(和作先生役は、最後の弟子だった村上選氏。流石にすごくお上手でした)、和作邸には私は足を踏み入れたことがなかったのです。(管理の関係で、外観を何回か見に行っただけでした)。だからこの機会は本当にうれしいです。

このトークイベントの初回を、小野環さんと担当します。

PCR検査も受けて、万全の態勢で臨みます!


2021年4月19日月曜日

ピクニックとバードウォッチングと

 

今年は春を感じるお誘いが多くあって、たとえばバードウォッチング。

いただいた双眼鏡を下げてぽくぽく歩くと、鳥だけじゃなく草花も春です!

と大きな声で主張している。

共同の大きなお庭のある友人のおうちでは、色とりどりのこれから咲くお花や野菜、

さぼてんとか、空も広い。都内なのに。

こんなに気分のいい毎日も、あっというまに激しい日差しにとって代わられるのかしらねえ。















これはうちの丸い猫



              今日は雨が降りそうねぇ。



2021年3月19日金曜日

新しい春が来た

昨年末から新陳代謝が起きていたかのように、怒涛の日々だった。


昨日まで、冬を越えた尾道に滞在していた。
「高橋家にまつわる物語」は新しい展開を迎え、秋には星劇団の公演も控え、地域の資料館作りも始動した。視察で行ったある小学校内の資料館は、とても良かった。
いろんなリサーチが形になっていく喜び。

高松の塩江町でのプロジェクトは、私が最初に塩江に入り、塩江の方たちと初めて会ってから三年が経ち、先日から新しい制作がスタートしている。
今年の夏休みはほとんど西にいることになりそうだ。

新しい大学の仕事も増え、しばらくプロジェクトを中心に動いていたが、個人での作品制作と発表もして行きたい。
新しいウェブサイトもほぼ出来ているし、今後はフィールドノートを載せていく予定だ。ひそかに行っていた北海道や沖縄等の国内リサーチも今後更に展開したいし、海外に行けたらすぐにインドネシアとイタリアに行きたい。体力がもっと欲しい。欲張りなことです。


日常も仕事も、ものもことも人間関係も、新陳代謝が必要だ。
自分にとって不要だったり、重たくなったものは自然と離れる。
今年はたくさんの新しい展開に恵まれているぶん、常に新陳代謝を心がけよう。
フレッシュな状態を心がけよう。


新しい春が来た、きぼうの朝だ






2021年1月24日日曜日

新しい記録集たち

 

毎日がすごい勢いで進みますね。

久しぶりの休みなので、昨年末に制作した記録集(冊子)について。

コロナ禍で、星劇団再演プロジェクトの2冊目の記録集を昨年3月に出版したあと、続けて更に2冊制作しました。1冊目は星劇団プロジェクトの展開版で、かつての星劇団のメンバーのプロマイド写真を忠実に再現した写真からなる記録集で、もう1冊はインドネシアのジョグジャカルタで行なったプロジェクトで、日本の統治下に少年時代を過ごしたリカルドさんの証言と写真からなる本です。

内容充実(← 自画自賛)、非売品なので、興味ある方はご連絡ください。

明日は晴れるといいな。